自分による自分のための

出来事や思考の整理のために。

長男のカードゲーム変遷史というほどでもないもの

長男は小学2年生ですが、3歳か4歳くらいのときからずっと何かしらのカードゲームをやっています。

やり始めは仮面ライダーのガンバライドでした。

これが一番長かったです。

それからはスーパー戦隊に行ったり、仮面ライダーに戻ったり、アニマルカイザーに行ったり、昨年は妖怪ウォッチなんかをやっていました。

でも最近はあまりやらなくなっていました。

やりたいものがあまりないみたいです。

かりにやっても1ヶ月もすれば興味を失ってしまう感じです。

夏にちょっとだけやったポケモンなんかもそうです。

つい最近だとデュエル・マスターズとかいうカードゲームですね。

これは100円を入れてやるのではなく、カードを持っている人と対戦する形式のものらしいです。

どういうきっかけでこれをやろうと思ったのかは不明ですが、ヨドバシカメラに行って大量に買っていました。

f:id:jibunblog:20151126232818j:plain

f:id:jibunblog:20151126232840j:plain

でもデュエル・マスターズで遊んでいる友達がいないのです。

どうせ1ヶ月もすれば興味を失うだろうと思っていたら、本当にそうなってしまいました。

今はドラゴンボールのカードみたいです。

これは近所の友だちがたくさん持っているようですが、遊び方は100円を入れてやるゲームなので、ただカードを見せ合っているだけのようです。

私の予想ではこれはちょっと長く続きそうです。

ちなみに私の幼少期のカードといえば、ポテトチップスに入っているプロ野球選手のカードくらいでしたね。